スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個展その1

個展もいよいよ今日で最終日、報告をしていきます。


そもそも、きっかけはこちらの芸大で留学している、日本人の友達が「個展やってみない?」と誘ってくれたこと。

日本で俳句の展覧会すら見たことなかったですが、一定の期間、しかも外国で展示するというのは面白い試みだと思い、やってみることにしました。幸い、作品に関しては今まで書き溜めたものがある。

明確なコンセプトというか、第一目標は「俳句を見てもらう、知ってもらう」だったのですが、実際にやってみると効果は思わぬところにありました。(下に書きます)



まず、お店ですが、「Japansk Designbutik KIKI」というお店で、7~8月中はお店を閉めるとのことで、その間に学生が展示をする、といった具合です。

001.jpg



展示は、自分の作品の持ち量と、与えられたスペースとをいかに相談するか、というのが重要だということを学びました


今回の展示作品は以下の通りです。


・クロイワ俳句45句
・関西学生俳句会? ふらここから仮屋賢一8句、山本たくや20句
・それぞれの句に、「英語翻訳版」「ふらここによる鑑賞文」
・版画2点、それにクロイワが俳句をつける

・京極堂君の絵1点に、俳句をつける
・クロイワ俳句5句に、スウェーデン在住の書道家の水香さんに書を書いていただく


でした。


水香さんのブログに、紹介していただきました。

こちらです!!!

では次の記事へ~~
スポンサーサイト

ばらの花/くるり


ご無沙汰していました。

本日17日より、スウェーデンのソーデルマルム地区にある日本ギャラリー「Japansk designbutik KIKI」で、俳句の個展を行っています。

準備も内容も、色んな方に手伝っていただいています。


その様子を、小出しにこのブログでお伝えできれば幸いです。


ちょっとばたばたしているのでまた更新します。

告知

遅くなりましたが、現在俳句WEBマガジン「spica」の「つくる」コーナーにて、俳句とエッセイを連載しております。

リンクはこちら

見ていただけると嬉しいです、よろしくお願いします。

Euphoria/LOREEN

006.jpg
ヨーロッパでは、Eurovisionという音楽の大会が、年に一度開催される。

各国1アーティストと1曲を代表に選び(携帯投票らしい)、前年度の優勝アーティストの出身国で開催される。今年の開催地はアゼルバイジャンだった。まあ簡単にいえば紅白歌合戦のヨーロッパ版である。




今年はなんとスウェーデンが優勝した。タイトルはEuphoria(至上の幸福)らしい。この一週間は高校生はEurovisionの話題でもちきりだったとか。


動画はこちら← 


クラブでもさんざん聞いていたおなじみの歌だったが、パフォーマンスに一層の気合が感じられる。


テレビ放送も行われていたがあいにく僕はキャンプに行っていたため見れなかった。(キャンプももちろん格別だった。)スポンサーとしてついているいくつかの国は、大会前にセミファイナルに出場できることが決定していると聞いたのだが本当だろうか…

スウェーデン人の友達は「毎年毎年、優勝するすると盛り上がっているので信じられなかったが、まさか本当に優勝するとは!」と言っていた。


まあここまでなら単なるスウェーデンの紹介なのだが驚いたのは次の動画である

こちら


以前にこのブログでも紹介した、王宮前で日曜日に行われる衛兵式である。

なんとEuphoriaを演奏している


優勝が決まったのは土曜日の夜である。なんというレスポンスの早さ…あらかじめ優勝がわかっていたのか、もしくは徹夜で猛練習し始めたのたか、もしくは優勝を信じて疑わなかったかのどれかだと思われる。
そしてブラスバンド風に演奏されるとダンスミュージックも運動会のテーマにしか聞こえない。




ヨーロッパでは多くの国に隣接国が存在する。音楽だけでなくスポーツなどでも、お互いの競争意識は強いだろう。もちろんこの曲も英詩である。Eurovisionの曲がすべて英詩かどうかは調べていない。


洋楽の台頭もなくはないが、日本の多くのヒット曲は、日本語詞である。
オリコンデイリーランキング3位のCDの売り上げが600枚台のこの時代に爆発的なヒットをアイドル以外に期待するのは難しい、ましてや英詩となると…と思うと少し悲しくなってくる。


以前、トイレの神様で有名な植村花菜のアメリカ武者修行ドキュメンタリーを見た。英詩でないと評価対象外だから、英詩作成をアメリカ人に協力してもらい、最後にライブハウスで披露するという構成だった。


その評価の理由は「ここはアメリカだ」だろうが、翻ってヨーロッパの事情は、英語が「共通言語だから」英詩を歌うのである。「どこの国の人も」、英語なら理解できるのである。



ちなみに、友達に「日本の音楽を紹介してよ!英詩があればいいな!」と言われて日本語詞の曲を紹介する、というのもためらわれたので、僕が紹介したのは→Pia-no-Jac←、PE'Z、ELLEGARDENだった。インストを除けばエルレくらいしか思いつかなかった…英詩で歌う日本のグループでおすすめがあれば教えてください。



「紅白歌合戦なんてやってる場合じゃない」とまで言うつもりはないが、世界に向けてもっと日本のアーティストも英詩で歌えば需要も見つかるかもしれない。(ヴィジュアル系アーティストなどは独自のファン層を開拓していて、MIYAVIなどは高い人気を誇っている)


写真はこの時期になると浮かぶ気球。ちなみにこの時点で夜9時です。明るすぎて気持ち悪い。

夜明け/ハンバートハンバート

試験が近いのでなかなか書けません…

スウェーデンの島、ゴットランドに行ってきました。魔女の宅急便のモデルの地です(※モデル地には諸説あります!注意!!)写真をお楽しみください。人生最高に気持ちいい旅でした(追記します)

ゴットランドブログ1

ゴットランドブログ2

ゴットランドブログ3


ゴットランドブログ4


金曜日からは、アムステルダムにいきます。メジャー国なので期待もいっそう。

では。
プロフィール

希望峰とバショウ

Author:希望峰とバショウ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。